ブランド品買取の評判口コミ

\高く売るならまず査定/

トップページ

不要になったけど片づけるきっかけがなかった…
もらいものだから捨てられなかった…
遺品整理でブランド品が出てきた…


そんな悩みをお持ちの方へ。

こちらでは、もう不要になってしまったブランド品を整理したい方のために、査定料0円・送料無料で高価買取してくれるバイセルをご紹介しています。

【高価買取強化中!】ブランド品を売るなら出張買取または宅配買取がおすすめ!

ブランド品と一言でいっても、洋服、バッグ、アクセサリー・小物類、腕時計、などいろいろな種類があります。

ひと昔前までは品物を店舗まで持っていく持込買取(店頭買取)が主流でしたが、今ではまとめて売れる出張買取や宅配買取のほうがメリットが大きいと評判です。

というのも、全国チェーンの買取専門業者であれば、変な値段で買いたたかれるようなリスクが少なそうという安心感がありますよね。

あとは、出張買取の場合は品物を運ぶリスクがありません。(収納場所から出すときぐらいでしょうか)

バイセルのような大手であれば予定していたブランド品以外にも貴金属なども一緒に査定してもらう事も可能になるため、メリットが大きいです。

もし万が一急に不安になったり満足できなくなってもクーリングオフ制度の対象になっていますから、その点も安心です。

評判で選ぶならバイセル
\ブランド品が高い!全国対応/

査定料0円・キャンセル料無料
PC・スマホから査定申込OK
買取方法出張買取
宅配買取
お持込み買取
対応エリア全国
送料
キャンセル料
すべて無料
(※返送時の送料はお客様負担)
  • 宅配買取の送料無料
  • キャンセル料無料
  • 最短30分で出張査定
  • 顧客満足度NO.1で人気
  • 査定だけでもOK

【ブランド品買取実績はこちら】
ルイ・ヴィトン、エルメス、シャネル、コーチ、プラダ、グッチ、カルティエ、ブルガリ、その他有名ブランド、流行から外れたもの、など

【用意しておくもの】
運転免許証やパスポートなどの本人確認書類

まとめ

こちらでは、使い道のないブランド品を処分したい方のために、おすすめのバイセル買取をご紹介しました。

眠っているブランド品などがそのままになっていませんか?

この際バイセルを利用してスッキリ整理してみましょう。

こちらでご紹介しているバイセルは、無料で査定を行なってくれるので安心です。出張買取を希望する際には、女性査定員を指名することも可能なので、女性の方も安心してご利用を検討してみてくださいね。

ブランド品買取によくあるQ&A

今一番注目されているブランド品買取サービスを検討中の方のために、よくある質問と答えをQ&A形式でご紹介しています。

良ければ査定に申し込む前にチェックしておくことをおすすめします。

Q. 祖母の遺品整理をしていたら古いブランド品が出てきました。ブランド品の買い取りって制限はありますか?

A. 基本的に制限はありません。

ブランド品を複数持っている方は、なるべくまとめて査定してもらった方がおすすめです。

ちなみにほとんどの業者が、買取予定の品以外の査定も追加で行なってくれます。

査定が無料な業者を選んだなら、価値が分からないものや不要なものなどまとめて査定してもらうことをおすすめします。

Q. 大切なブランド品を売ろうと思うんですが、少しでも高く買取してもらう方法ってありますか?

A. 高価買取、高額査定をしてもらうコツはあります。

  • 持込買取より出張買取か宅配買取で売る
  • まとめて売る
  • 付属品や証明書があれば一緒に売る

相場より高値で売るコツは上記のとおりです。

そのほか、高値で買い取ってくれるブランド品は人気の色や状態などが関係してくるようです。

あとは、人気の高いものは市場価値が上がるのでその分高く買い取ってくれるようですね。

ブランド品買取の基礎知識コラム

個人が、何らかの商品をブランド買取店に買い取ってもらう際、商品以外に必ず持っておかなければいけないのが名前や住所、年齢などが証明できる運転免許証などの、いわゆる身分証明書です。

どうして本人確認の書類が要るのかというと、古物営業法という法律により、古物商であるブランド買取店は、商品を売却しようとする人の名前や住所などを確認しなければなりません。

ですからそれらが記載されている書類を見せるように言われるのです。

多くの人が運転免許証や、健康保険証を使用しますが、パスポートや、住民票、住基カードも使用可能となっています。

ともかく法を順守しようとするお店であれば、100%提示を求められるはずですから用意しておく必要があります。

好きで所持し続けているブランド品の数々も、いつのまにかもう使わなくなって、保管だけしている物もあるのではないでしょうか。

それらについて、お店にまとめて売りたい、と考えている人もいるでしょう。

けれども、お店を利用とする際に変に急いで決めようとするのはいけません。

でないと思わぬ損をするかもしれません。

その理由はというと、買取額は店ごとに決めるため各々で、価格が相当変わってくるのです。

そういう訳で、買取店はいくつか見て回って、比べて決めるというのが、良いのです。

ブランド品を愛用する人の中には、品物を長く使っていき、醸し出されたビンテージ感を好ましく、格好がいいと思う人は多いです。

でも、そうしたブランド品を買取店に持って行って売って換金しようと考えるなら、それはあまりおすすめできません。

売ろうとしても十中八九、古いものだから、とおそろしく低い買取額になることはまず間違いありませんし、そもそも査定もしてもらえないことだってあるはずです。

長い間使い込まれた物は、どうしてもそれなりの損傷を受けていますから、なかなか値段はつかないでしょう。

ブランド買取の世界で、ビンテージという概念は通用しないということです。

手持ちのブランド品をしかるべきところに売却してお金に換えたい、といった時にオンラインの一括査定サービスを使うと便利です。

売却したい品物についての情報を入力するとその情報を元に、いくつかの業者が買取価格を出してくれるシステムで、あちこち電話したり店舗を巡ったりしなくても、在宅のままどこの業者が一番高く買い取ってくれるのかわかりますから、業者の選択が簡単になります。

当たり前のことですが、業者から示された査定額に不服があるなら売却を取りやめても、なんの問題もありません。

バッグや靴など、要らなくなったブランド品をいくつか買取業者に売ろうと思っているけれど、簡単に訪ねて行けるところに、こういうお店が存在せず、そもそも、行けるような時間を作ることができないなどという人は多いようです。

そういった場合は、宅配買い取りサービスを提供しているところを利用すると問題解決です。

そのお店のHPなどを見ると詳しいやり方が書いてあるはずですが、買い取りを希望すると、専用の宅配キットが送られてきますので、それに売却したい商品を梱包して送付し、査定を受けます。

査定額を連絡してきますので、その金額でよければ、振り込みでお金が支払われるという仕組みになっています。

1921年といえば第一次世界大戦が終わった頃です。

イタリア生まれのグッチオ・グッチが創業したのがこの年で最初はフィレンツェの一レザー工房でしたが、ほどなく店舗を持ち、製品が人気を呼んで成功をおさめていきます。

1951年にアメリカ進出、それから1964年に日本に上陸しました。

ラインナップを見ていきますと、各種バッグや靴、お財布などお約束の革製品は当然として、愛好者の多い服、香水、腕時計、それから乗馬製品も作るなどその品揃えは圧巻であり、こうした点もブランドの特徴と言えるでしょう。

長い歴史を経てきましたが、平穏とは言い難いその流れの中で幾人ものデザイナーの手が仕事をこなしてきました。

有名なところではトム・フォードなど。

ちなみに現在のクリエイティブディレクターはアレッサンドロ・ミケーレです。

ブランド品買取店なら、どこの店でもグッチは歓迎するはずです。

フェラガモ、と呼ばれる方が通りが良いようですが、正式にはサルヴァトーレ・フェラガモで創業したデザイナーの名前です。

若いころから靴一筋で、大学で解剖学を学んでまで靴の履きやすさを追求しようとした真摯な職人です。

追及された機能と品質の良さでよく知られ、フェラガモの靴を愛用する人は大変多いのです。

やはりフェラガモはなんといっても靴が主力ですが、代がわりもあって相当、商品を展開させるようになり、パリコレをはじめとして、各国コレクションにも参加し着々とトータルファッションブランドとしてのイメージを固めてきているようです。

これから履く予定の無いフェラガモの靴を、もしも家でただ眠らせているのなら、買取を検討してみると良いでしょう。

何足もあって面倒、という場合は出張買取が便利です。

売りたいブランド品が、実際にどのくらいの値段で売れるのかを「できるだけ簡単な方法で知りたい」という人は、携帯電話やスマホを使ってブランド品を撮影し、画像を業者に送って査定してもらうという方法があります。

現物を手元に置いたまま、しかも家にいながら、相当気楽に査定を受けられますので、人気があります。

ところで、写メ査定での金額は暫定的なものです。

どこの業者でも、必ず価格の最終決定前に実物査定があり、それを経てから正式な買取金額が算出されます。

そして、写メールでの査定にあたって注意したい点ですが、送付された写真で確認できなかった部分のキズなどについては当たり前の事ですが、その数や程度に沿って減額されます。

ですから、写メでの査定額と実際に提示される買取額の差に驚くことになる場合もあり得ます。

デザインが気に入って買った高価なブランドの靴。

でも数回履いてみたら、ひどい靴擦れができることがわかり、使わなくなってしまった、などということは、意外とよくある話です。

そんな履けない靴を持っている人は、お金に換えることを考えましょう。

ブランド買取店を利用してみることをおすすめします。

買い取ってもらうつもりになったら、あまり遅くならない方がいいかもしれません。

靴は手入れをしないで適当に保管しておくとどんなに良いものであったとしても、くたびれていくばかりです。

数えるほどしか履いていなくて、キズもカビもなくて、よい状態で置いておけたら、かなり良い査定結果が出るでしょうから、高額で買い取ってもらえそうです。

フランスのパリで生まれた名門ブランド、カルティエは、ジュエリーと高級時計でよく知られ、王室の御用達として指名されている程の名門ブランドです。

それほど目立つことはないかもしれませんが、所有の喜びを深く味わわせてくれるブランドで、そのデザインコンセプトは多彩で、創業時からのものも未だ作り続けている面もあり、カルティエのデザイン性の幅を広げています。

また、品質の高さはもちろん、機能性も十分といった商品を多数販売しています。

このブランドらしい、気品に満ちたジュエリーは特に女性に好まれていて、このブランドの婚約指輪、それから結婚指輪を望む人は少なくありませんし、またプレゼントとしても喜ばれますが、贈り物のアクセサリーを売却するために買取店に持ち込む人も、それ程珍しくはないようです。

ブランド品買取サービスに関するお役立ち情報

\おすすめのブランド品買取業者なら/

ブランド品の高価買取なら